毛ガニの保存方法|活け毛ガニと冷凍毛ガニ

 

冬のグルメとして欠かせないのが毛ガニですが、お取り寄せをした際に思いがけなくたくさん入っていて、食べきれないということもあるかもしれません。そんな際の毛ガニの保存方法には、いくつかの注意点があるので覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

まず、活毛ガニを取り寄せた場合、到着後はす必ず発砲スチロ-ルの蓋をきっちりと閉めて冷蔵庫か暗い場所で保管してください。活カニは勿論その日のうちに全て食べきってしまうのが良いのですが、やむを得ず保存が必要だという際には、必ず茹でるなどして調理したから保存しましょう。保存方法は茹でたカニは熱をさましたら出来るだけ空気を入れないようにサランラップで巻きます。これは空気が入ってしまうと、カニの水分が抜けてパサパサした食感になってしまうためです。冷蔵庫で保管したカニの賞味期間は大体2日ぐらいだということも忘れないでください。

 

 

しかし、2日の間に食べることが出来ないといった場合には冷蔵ではなく冷凍保存をおすすめします。冷凍保存した毛ガニも味が落ちないうちになるべく2週間以内を目途に食べるようにしたいものです。

 

 

 

また、活毛ガニではなく、最初から冷凍で取り寄せたという場合でも、冷凍だからといって安心はできません。絶対に避けたいのは一度解凍したカニを再度冷凍するということです。味が格段に落ちてしまうのでいったん解凍したら、全部食べ切ってしまうようにしましょう。冷凍のままで保存する際でも、賞味期限は2週間が限度と考えた方が良さそうです。家庭用の冷蔵庫は業務用とは異なり、冷凍の温度設定も高いうえに、開け閉めするためどうしても温度が上がってしまいます。せっかく取り寄せた毛ガニを美味しく食べるためには、保存期間をなるべく短くすることがキーポイントとなります。