毛ガニの足はシンプルに塩茹でで食べる

 

毛ガニは他の種類と比べても小さい部類になるので、まずはシンプルに塩茹でするのが良いです。そして毛ガニの足は太く短いのが特徴なので、ハサミも入れやすくお箸で簡単に身を取りだすことができます。また足より量は少ないですが、胴にも身がちゃんとあります。胴は取り出し切れなかったミソも付いていて、足とはまた違った味わいです。

 

 

 

また数ある種類の中で蟹ミソが最も美味しいとされるのが毛ガニで、旬の季節であれば濃厚な蟹ミソが味わえます。ミソを目当てに毛ガニを選択する人も多いです。そしてもちろんミソだけを楽しむのも良いですが、身と合わせるなど美味しい食べ方はたくさんです。最近ではパスタなどに使用されることも多くなっています。お箸でつついたりすするだけでは全て食べ切れず、甲羅の中にミソが少し残ってしまうことになりますが、そこに日本酒を注いでシメにするのが定番です。甲羅のダシも助けになって、香り豊かになります。

 

 

 

またミソを甲羅の中に入れたまま、他の料理に用いるのもひとつの手です。ご飯と共にチャーハンのようにすることもできますし、グラタン風も可能です。具材として身を加えれば、非常に豊かで贅沢なバリエーションです。

 

 

 

他の蟹だと足だけを使用することも少なくありませんが、サイズが小ぶりな毛ガニであれば丸ごと鍋にしてしまうなどということもできます。身に味が付けられるだけでなく甲羅からもダシが出るので、お鍋全体の風味づけにもなります。胴を解体する際にはミソがこぼれてしまうこともあるので、お鍋の上で割ると万が一の時にもダシの一部になってくれます。毛ガニは無駄になる部分がありません。最後は雑炊にして、毛ガニの魅力を余すところなく味わいきってしまいましょう。